宅配弁当を依頼するならこのお店がおすすめ!口コミで人気の宅配弁当業者をランキング形式で紹介します。

健康志向な人でも安心!高たんぱく質な宅配弁当を選ぶコツ

公開日:

美容への関心や健康志向の高まりから、たんぱく質を摂取する重要性も広く知られるようになりました。ダイエットや筋トレに励んでいる方の中には、思うようにたんぱく質がとれずに悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。そのような場合に頼りがちなのがプロテインなど補助食品なのですが、宅配弁当でも高たんぱくな食事を取ることはできるのです。

たんぱく質を摂取するメリットとは

筋肉をつくるだけでなく、ダイエットや美肌、美髪に効果的とされているのが、たんぱく質の摂取です。たんぱく質は、私たちの生命維持に欠かせない「3大栄養素」の1つといわれており、筋肉だけでなく、体全体をつくるのに必要な栄養素です。

たんぱく質以外の3大栄養素とは糖質(炭水化物)と脂質で、それぞれ体を動かすエネルギーの元になります。そして3大栄養素にミネラル、ビタミンを加えると「5大栄養素」と呼ばれているのです。ミネラル、ビタミンは3大栄養素を分解したり、合成したりするものといわれており、健康や体調を維持するのに欠かせないものとなっています。カルシウムや鉄、ナトリウムが代表的なミネラルとして挙げられるでしょう。

美容への関心や健康志向の高まりから、5大栄養素の中で注目が高まっているのがたんぱく質です。たんぱく質を強化した食品やプロテイン粉末は、スーパーやコンビニでも頻繁に見かけるようになりました。少し前までアスリートしか口にしなかったようなものを、一般の方が手にしているのを見かけた人も多いのではないでしょうか。

高たんぱくなお弁当を選ぶには

ダイエットや筋トレに励む方は、とくに意識してたんぱく質をとりたいものです。1日の摂取量はダイエットや筋トレを行っている方なら体重×1g、アスリートなら体重×2gが理想とされています。日ごろダイエットや運動を行っていない方でも、1日に体重×0.8gのたんぱく質は摂取したいものでしょう。

そのような場合に、たんぱく質を強化した食品やプロテインを口にするのもよいですが、日々の食事からとることが理想です。お弁当を選ぶ場合にも高たんぱくを意識することで、1日の摂取量はクリアできるとされています。

肉や魚、卵はたんぱく質が豊富な食品の代表です。そして、肉には100g当たり20g前後のたんぱく質が含まれているのですが、皮なしの鶏肉なら脂質が少ないので、よりダイエット向きといえるでしょう。豚肉は糖質の代謝をスムーズにするビタミンBが豊富で、赤身の牛肉にはミネラルの一種であるヘム鉄が豊富といわれており、鶏、豚、牛の肉類は、それぞれがすぐれた特徴をもっています。また、魚にも肉類と同等のたんぱく質が含まれており、卵1個には6g程度のたんぱく質が含まれているようです。つまり体重60kgの方が肉や魚がメインのお弁当を選ぶことで、1食でとるべきたんぱく質はクリアしているといえるでしょう。

しかし、3食すべてを宅配弁当でまかなうわけにもいきません。そのような場合に頼りになるのが乳製品です。牛乳ならコップ1杯に3g、ヨーグルトなら100gに4gと、乳製品もたんぱく質を豊富に含む食品です。忙しくて朝食抜きという方も、出かける前に牛乳を飲んだり、デザートにヨーグルトを食べたりすることで、たんぱく質をとることができるでしょう。

高たんぱくな食材を選ぶときの注意点

肉や魚、卵のメニューを意識的に選べば、宅配弁当で高たんぱくな食事を実現できます。しかしたんぱく質をとるために、肉なら何でもいいか?というと、決してそうではありません。中でも気をつけたいのが、ベーコンやハム、ソーセージといった加工肉です。たんぱく質が含まれているのは間違いないのですが、同時に添加物や保存料が含まれている可能性も高く、健康に与える悪影響が懸念されます。同じ理由でレトルトのハンバーグや、ファストフードを口にする場合も注意を払う必要があるでしょう。

その点でも自然素材にこだわりをもっている、契約した生産者からしか食材を仕入れないような宅配弁当は、安心できる高たんぱく食のケースが多いようです。

また高たんぱくの食品は、肉や魚、卵だけではありません。豆類など植物性たんぱくが豊富な食品も意識して食べるように心がけましょう。植物性たんぱくが豊富な食品を摂取するメリットは、肉などには含まれないミネラルやビタミン、植物繊維が含まれているからです。健康な毎日をおくるために必要な栄養素を摂取できるでしょう。

たとえば白米茶碗1杯(150g)には4gのたんぱく質が含まれており、大豆食品はたんぱく質の宝庫といわれています。とりわけ高野豆腐は重さ(乾燥時)の約半分がたんぱく質で占められているようです。和風宅配弁当の魅力がアップしますね。

 

肉や魚、卵のメニューを意識したり、朝食で乳製品や大豆由来の食品をとったりすることで、健康に必要なたんぱく質はとることができます。素材にこだわった宅配弁当を選べば、安全性でも満足できると考えられるでしょう。ダイエットや筋トレをしている方なら「これにプロテインを飲めば!」と、思ってしまうかもしれません。しかし、注意したいのは余分なたんぱく質は、脂肪として蓄積されていってしまうことです。また、たんぱく質の過剰摂取は腎臓に負担を与えるというデータもあります。たんぱく質は日々の食事からとるように心がけたいですね。

 

【たんぱく質摂取量、含有量参考:https://the-ans.jp/food/106005/、https://www.morinaga.co.jp/protein/columns/detail/?id=114&category=muscle】

【東京】宅配弁当業者おすすめランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名宅配・仕出し弁当
月村グループ
季膳味和(ときぜんみわ)亀戸 升本神田明神下みやび北大路
特徴創業80年あまり、上品で上質な宅配弁当を豊富に提供創業40余年、東京の老舗料理店が作る懐石弁当酒屋として生まれ割烹料理屋として復興したお店容器にもこだわり、美しい見た目と美味しさが魅力月間平均1万食の販売実績を持つ、老舗料亭の味
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索