宅配弁当を依頼するならこのお店がおすすめ!口コミで人気の宅配弁当業者をランキング形式で紹介します。

【長期保存も可能】冷凍の宅配弁当を食べるメリットとデメリット

公開日:2021/02/01

スーパーやデパートのお惣菜コーナーには必ずお弁当が並んでいて、手頃な物からちょっと贅沢な物まで様々です。時代と共に食は変化し、コンビニ食なども多くの人に支持されています。そんな中宅配弁当は急成長を遂げ、ニーズに合わせて常温、冷凍を選ぶことができます。今回は冷凍保存が可能な冷凍の宅配弁当に焦点を当てていきましょう。

冷凍の宅配弁当のメリット

常温の宅配弁当と同じようにニーズが高まっている冷凍弁当ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか?

手間が省けて長期保存が可能である

高齢者の買い物難民が増えている昨今、買い出しや調理をするのも大変ですが、冷凍の宅配弁当なら長期保存ができて到着から3ヵ月以上は保存できます。捨ててしまいがちな常温の宅配弁当に比べると、長期保存ができて食品を無駄にすることもなくなるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

栄養バランスが良く、自分好みのものを選ぶことができる

宅配の冷凍弁当と聞くと、あまり美味しくないようなイメージを持つ人がいますが、プロの料理人が調理していたり栄養士が監修していることが多いです。ですから栄養バランスも良く、美味しいメニューが揃っています。塩分や糖質、カロリーを制限されている人向けや、高齢者向けのお弁当もあって需要は拡大しています。色々なお店のメニューを確認し、自分好みのものを見つけましょう。

まとめ買いが可能である

冷凍の宅配弁当は3ヵ月以上日持ちしますが、中には6ヵ月持つものもあって、まとめ買いすることで回数を減らすことができます。長期保存していても、レンジや湯煎で解凍すれば美味しく頂けるのは有難いですね。

冷凍の宅配弁当のデメリット

冷凍弁当のニーズが高まっていてもデメリットというのは付きものですから、詳細を見ていきましょう。

お弁当の値段や送料が高い

お店では設備や維持費などが掛かる為、冷凍弁当自体が高い傾向にあります。常温なら作って速やかに配達すれば良いのですが、一旦冷凍しなければならないのが難点です。そして、配達にも大手配送業者のクール便を使ったりするので送料も割高になります。

受け取り日には必ず在宅していなければならない

今は便利な宅配ボックスというのがありますが、食品であるお弁当には不向きです。必ず手渡しで受け取るのが必須で、予約した日時を守り在宅しているのがマナーであると言えます。最近は指定した日に在宅していないケースがよくあり、配送業者を悩ませています。指定していることを忘れないように、カレンダーなどにチェックを入れておくのが望ましいです。

到着まで日数が掛かる

注文をしても5日前後掛かるお店がほとんどですから、余裕を持って注文するようにしましょう。冷凍庫にどれ位のストックがあるのかを把握し、保存スペースも考慮しなければなりません。注文し過ぎて保存できなければ無駄遣いになってしまいます。

冷凍の宅配弁当を食べる際の注意点

冷凍食品の製造工程は、食材を洗浄し食べられない部分を取り除く前処理に始まり、急速冷凍、包装、保存となります。これは冷凍弁当の製造工程にも当てはまり、急速冷凍したお弁当を-18℃以下で保存・流通することが基準とされています。

冷凍の宅配弁当を電子レンジで温める

冷凍弁当を上手に温めるには、均一に蒸らすことが大事となってきます。上手く蒸らすことで食感が良くなり、見た目もきれいで美味しくなります。それではレンジで均一に蒸らすにはどうすれば良いのでしょうか?コツとしては、まず様子を見ながらゆっくり温め、強めから弱めにしていきます。最後にお弁当の底を触って温度を確認すればOKです。

自然解凍する場合

冷蔵庫で半日~1日置くというのが自然解凍の方法で、お店によっては自然解凍をしてからレンジで温めることを推奨している場合があります。けれど自然解凍にはデメリットが多いので注意しなければなりません。例えば不要な汁が出て食感が悪くなったり、一旦冷蔵にすれば直ぐに食べる必要性が出てきたりします

注意するべき点

冷凍庫で保管するから安心だという思い込みは危険です。お弁当の容器が膨らんでいたりすると、腐敗してガスが出ている場合があります。膨らんでいるからと言って必ず腐敗しているわけではなく、品質に影響がない場合もあります。見極めるのは難しいでしょうが、解凍する前にしっかりチェックするようにしましょう。また一度解凍、加熱したものは再冷凍NGで、美味しさや品質、安全性も損なわれます

 

宅配弁当は忙しい現代人には有難い産物で、今の時代にしっかり定着しているようです。宅配弁当には受け取って直ぐに食すことができる常温、長期保存ができる冷凍があって、それぞれメリット、デメリットがあります。どちらを選ぶかは生活スタイルで変化し、また利用者の年齢にも関係してきます。

高齢者には受け取って直ぐに頂ける常温が良いですし、まとめ買いをして長期保存したい人には冷凍が適しています。何でもニーズに合わせることが大切で、自分にとって必要な物を上手く活用していくことが、賢い生活スタイルと言えるでしょう。

【東京】宅配弁当業者おすすめランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名宅配・仕出し弁当
月村グループ
季膳味和(ときぜんみわ)亀戸 升本神田明神下みやび北大路
特徴創業80年あまり、上品で上質な宅配弁当を豊富に提供創業40余年、東京の老舗料理店が作る懐石弁当酒屋として生まれ割烹料理屋として復興したお店容器にもこだわり、美しい見た目と美味しさが魅力月間平均1万食の販売実績を持つ、老舗料亭の味
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索