宅配弁当を依頼するならこのお店がおすすめ!口コミで人気の宅配弁当業者をランキング形式で紹介します。

【宅配弁当VS自炊】毎月の食費を比べたらどちらが安いの?

公開日:2022/02/15


毎月の生活費の中で、予算はひとそれぞれです。しかし、一番大きな比率を占めるのが食費と支出の約四分の一という調査結果があります。今回は自炊と手軽で短時間で準備ができる宅配弁当を取り上げて、実際にどちらが安いのか調べてみました。食費について気になる人は是非参考にしてくださいね。

理想の食費を計算してみよう

理想の食費とは、どのようなものでしょうか?世帯人数別の支出に対しての食費の割合を計算してみましょう。

各世帯の平均値

総務省統計局 家計構造調査(2019年)より支出に対しての世帯人数別の食費(外食費含む)とエンゲル係数(支出に対しての食費の割合)は以下の通りです。

・一人 消費支出 150,506円 うち食費 38,257円 エンゲル係数 25.4%
・二人 消費支出 245,278円 うち食費 66,543円 エンゲル係数 27.1%
・三人 消費支出 284,334円 うち食費 78,155円 エンゲル係数 27.5%
・四人 消費支出 315,402円 うち食費 87,071円 エンゲル係数 27.6%
・五人 消費主出 336,009円 うち食費 94,673円 エンゲル係数 28.2%
・六人以上 消費支出 358,810円 うち食費 109,387円 エンゲル係数 30.5%

この食費は酒代、コンビニ代、お菓子代を含みます。「理想のエンゲル係数は何%」といった明確な数字はありませんが、20%~20%前半とされる事が一般的です。ただし、エンゲル係数は世帯人数や世帯構成によりますので、自分の理想のエンゲル係数を把握していると、家計管理しやすくなります。

自炊と宅配弁当だったら安いのはどっち?

家計の支出に対してのおおよその食費が分かりました。では、生活のなかで自炊と宅配弁当と比べたら、食費はどちらの方が安いでしょうか?一人暮らしの場合を例に取り上げて考えてみましょう。

宅配弁当を考えてみよう

宅配弁当情報サイト「デリッチ」より宅配絵弁当の値段・料金相場は1食当たり約610円です。料金の幅は、1食あたり343~777円。ほとんどの宅配弁当サービスは、何食分かセット購入します。そのため、1回の注文で支払う金額は平均4,270円(送料別)です。各社送料や1回あたりの注文数は各会社に異なります。送料込みで7食5,000~6,000円とすると一か月で4週間とすると2万~2万4,000円です。

自炊の金額を考えてみよう

総務省統計局 家計構造調査(2019年)より一人暮らしの一か月の食材購入費(菓子類、調理食材、飲料、酒類含まない)は1万5,816円です。食材を調理するのには、食費だけでなく、電子レンジで温めたりやコンロでお湯を沸かすことが必要です。食材を洗ったり、食べ終わった食器を片づけたりする際、水道代もかかります。

総務省統計局 家計構造調査(2019年)より一人暮らしの平均的な水道光熱費は1万348円です。お風呂を貯める頻度や季節、寒冷地の暖房代など住んでいる地域によって、ばらつきはあります。世帯で使う水道光熱費の大きい目的別で分けると冷暖房費、お風呂、調理があります。仮に水道光熱費を3項目で大きな目的別で等分すると調理で3,100円とします。

自炊の合計金額

食材費、水道光熱費を合計すると一か月で1万8,916円です。1週間で計算すると4,729円です。しかし、手を動かして料理をするためには、自分の時間も使わなくてはいけません。仮に、働いている時間を使って自炊しているとした場合の費用も考えてみましょう。

自分の作る時間も費用に含まれる

NHK2016年実施「食生活に関する世論調査」によると一番食事の準備で時間がかかる夕食作りの所要時間は「1時間くらい」が42.0.%、ついで「30分くらい」が29.2%、「20分くらい」と「1時間半くらい」が9.6%でした。

食事にかける時間は約1時間が平均といえます。仮に夕食の準備をする時間を時給1,000円とすると一か月食事の準備をするのに時給1,000円×30日=3万円かかっています。また、料理を作る前に、食材の買い出しや献立を考える時間も必要です。単純に食材費だけでなく、働く代わりに料理をしているとすると、食費の見方も変わってきます。

総合的に考えてみよう

金額面だけで考えると宅配弁当は2万~2万4,000円、自炊の方が一か月の食材費と光熱費で18,916円と、自炊のほうが安いです。しかし、作業体力や買い出し時間を考えると一概には安いとは言えません。実際に、料理にはどの位の時間や日数を使いたいでしょうか?

料理が趣味の人は、毎日の献立を考えるのが楽しく、ストレス発散にもなります。もし家事や育児、仕事で疲れていたり、料理したりする時間を別のことに使いたい場合は、お弁当がおすすめです。お弁当は自宅でゆっくり、お店の味が楽しめ、自分の空間で好きな事をしながらゆっくりできます。リラックスをした服装で見たかった映画を見ながら、ベランダから夜景を見ながら、好きなお酒と一緒に楽しめます。

 

お弁当は主食、主菜、副菜のバランスも取れています。カロリー表示や成分もされている物もあり、ダイエット中の方や塩分を気にしている方も安心して食べることができます。また、片付けも簡単で、食器を洗う時間も省けます。一日1食だけでも宅配弁当を取り入れることで、時間と心のバランスも整えやすくなりますよ。是非、検討してみてください。

【東京】宅配弁当業者おすすめランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名宅配・仕出し弁当
月村グループ
季膳味和(ときぜんみわ)亀戸 升本神田明神下みやび北大路
特徴創業80年あまり、上品で上質な宅配弁当を豊富に提供創業40余年、東京の老舗料理店が作る懐石弁当酒屋として生まれ割烹料理屋として復興したお店容器にもこだわり、美しい見た目と美味しさが魅力月間平均1万食の販売実績を持つ、老舗料亭の味
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧